最新のペインサイエンス理論も加えた 和ぐでの調整 操体法×DNM

操体法を知ると生き方も変わる!?

操体法は「和ぐ」の根底にある考えです。

操体法

hasimotokeizo
創元社 生体の歪みを正すより

操体法とは仙台の橋本敬三医師が(1897-1993)が昭和の初期頃に鍼灸、漢方、按摩、正体術、身体均整法、接骨、ヨガ、野口体操、マクロビオティック、東洋思想など、様々な療法を試し、正體術矯正法(高橋迪雄氏)に会い、医学的な認識に基づいて創案・体系づけたものです。また操体とは生き方でもあります、息・食・動・想と環のバランスも説いています。橋本先生が最後にわかってきたこととが『気持ちよさでよくなる』ということです。つまり原始感覚に従うということです。無意識の体重移動やあくびなどもその感覚による表現だと考えます。操体法には不快な動きから気持ち良い方向へ動かす、皮膚へアプローチする、呼吸を通して心と対話する想の操体もあります。操体法における僕の役割は、あなたが本来持つ自然治癒力を高めるお手伝いをすること。

>>>>操体法についてさらに

和ぐの操体法は最新の近代科学の理論にも基づくものになっています。

和ぐでは

ベースとなっている操体法は橋本敬三先生の内弟子より長い年月をかけ基礎から応用まで学なび、さらには橋本先生に深く関わった他の先生方にも学んだ本物と呼べる操体法です。最新のペインサイエンス理論(神経系)から紐解きさらに進化・深化した他ではない操体法×神経系アプローチを提供しています。

sejyutu_main
写真参照:皮膚(皮神経)・動き(末梢神経ケア)をアプローチの入り口とし、あなたに最適の時間を提供させていただきます。

和ぐでは意味ない強い刺激・圧はつかいません!

もっとも触れて痛い・くすぐったいというのも異常な状態と言えます。気持ち良いというのもある意味調整を求めている状態と言えます。何より現代人は昔の人と比べ、体が使えてないため昔から伝わる手技だけでは効果がでにくいこともあります。そこで、和ぐでは現代人に合わせたアプローチをしています。
痛みは脳からのアウトプットという現代の答えに基づき、不快なアプローチは一切いたしません。

心地よくて寝てしまう人も多くいらっしゃいます。

効果を感じている方の判断方法としてわかりやすいのは眠ることです。からだを癒す方法として効果的なものが睡眠です。施術中にくる睡魔はからだが効果を感じ治そうとしてる証拠です。
※妊娠中のかたは安心していただくために産科医の指示のもとご相談ください。

皮膚(皮神経)を介した中枢へのアプローチ

操体法の皮膚へアプローチの概念を工夫し、皮膚(皮神経)にアプローチします。筋骨格へのアプローチが主流の世の中ですが、神経は筋肉や筋膜を貫通しています。つまり筋肉の緊張により神経圧迫が起こり不調をサインとして出しているというのが、ペインサイセンスの答えであり、和ぐがもっとも重視している部分です。神経にアプローチすることにより迷走神経が活性化します。活性化するということは健康に対するスイッチが入るということになります。

操体法の他に影響受けた理論・徒手

・サーノ博士のTMS理論
・神経リンパ反射
・神経に対するアプローチ
・平直行の侍メソッドやわらぎ理論(DVDの製作スタッフでもあります。)
・DNM ペインサイセンスベースの神経系の徒手療法であり、説明モデル。
DNMの講習は全て受講しており、名前などの使用も許可を得ています。