和ぐの整体の流れと根本改善のための大切なご提案

初見時の流れ・和ぐの調整法・その後のご提案について

初見時の流れ

お話しをしながら緊張をといていきましょう。

流れ1
最初は誰でも緊張しますよね?
初見の方には名刺をお渡しして、まず僕を知っていただきます。
和ぐの質問用紙に記入していただきながら、お話しをうかがいます。
調整法や施術中の注意点なども説明させてくださいね。

僕に、あなたの習慣や痛みだるさのことを教えてください。その後検査します。

流れ2
実際に頭・首・肩・腰・手足の動きを一緒に確認していきます。
・どうすると痛いかなどお聞きします。
・頸椎・肩胛骨周辺・骨盤の動き、筋肉のはり等をチェック。
・現状の関節の可動域や、動かす方向による痛みを確認。

からだと対話しながら調整していきます。

流れ3
あなたのからだの状態にあったアプローチをしていきます。
皮膚感覚にしたがったり、ゆらしたり、ゆったりと動いてもらいながら調整していきます。
調整しながら変化を確認していきましょう。
現段階のあなたにあったセルフケアもお伝えします。
何回か通っていただくと、マニアックな手技も飛び出すかもしれません。

施術後

ゆったりして落ち着くのを少し待ちながら、今後のお話もします。
施術後、少しボーッとしたり、だるさを感じるのはからだが効果を感じている証拠です。
これは副交感神経優位になるためです。
神経レベルから調整されることで血液の流れも施術前とは全く違うので、落ち着くまで自然呼吸でくつろいでくださいね。
そして、帰り道やお買い物中なども変化を感じてみてください。

和ぐではどのように調整するの?

和ぐでは操体法と操体法の考えをベースとしたアプローチで調整します。


・和ぐでの調整法は操体法がベースとなっています。
・全身(骨系・筋系・神経・血流・リンパの流れ)へのアプローチします。
・和ぐでは意味のない強い圧・刺激を使った調整は行いません。
・和ぐでは極力、痛みがない施術を心がけていますのでご安心ください。

>>>和ぐでの調整方法詳細

心地よく受けるポイント

和ぐの施術においては感覚を味わうということがとても大切です。
感覚を味わうということを体が理解すると、自宅でのセルフケアも大きな効果が期待できます。・頭で考えず、からだの表現する動きにゆだねてみてください。・力まずにフワーっと軽いイメージをしてください。
・動きは小さくても構いません、からだの中の動きを感じてみてください。
・治し方はからだが知っています、考えずに素直にからだと向き合ってみましょう、それが何よりも近道です。

最初のペースのご提案とメンテナンスの重要性★★★★★

1.最初はしっかり痛みをなくすために!週1・2回

痛みが軽減したが残る場合、間隔はあまりあけないのがベスト!
調整後もいままでのからだの記憶はしっかりと根をはっています。
そのため、悪い状態にも戻りやすいのです。
(痛みの改善のために)

2.辛い症状が改善してきたら週1回か2週に一回!

症状がないことが多くなった場合もいきなり間隔をあけてしまうと、元にもどりやすいです。
これはまだ根本から改善しきっていないからです。そのために1週間か2週間に1回の調整がオススメです。
(生活習慣の改善 根本改善のために)

3.メンテナンスに月1・2回!あなたの大切な車も点検しますよね?

もう気にならなくなったかたは、そのような事がなくなるように、定期メンテナンスを!
大切な車やスポーツの道具のメンテナンスをさぼっているとどうなりますか?
おわかりですよね、からだも一緒です。それ以上にしっかりしたメンテナンスが必要です。
からだは交換がきかないのです。より良い状態を保ちさらに動けるからだにしましょう!