-profile-

住宅街の民家の一室にある小さな「SPACE」

和ぐは一人一人の人生のきっかけになる場所

いままで、病院に行ったり、マッサージ行ったりと
その時だけですませていませんでしたか?
ここでは
あなたのからだとの付き合いかたも
覚えていただく場所です。

〇〇のためのケアではなく
あなたの症状に、今後の生活に最適なケアです。

それを続けていくと、
『からだの治し方はからだが一番しっている』
という言葉に納得されると思います。

その一歩をこの場所から始めましょう!

民家整体 和ぐについて

小さなspace
和ぐという屋号には
『こころ・からだ穏やかに』という意味があります。
からだ・心のどちらかだけ?でもバランスはとれません。
両方が穏やかになることで
気づきや興味も増え生活そのものが向上します。
そういう場所でありたいという願いもこめました。

私、西田について・・・

和ぐ(なぐ)

西田 尚史(にしだ たかし)

昭和49年9月22日生まれ A型

両利き(書く・右 描く・左 投/打・左)

写真を撮るのが好きです。

お酒は少々

感覚分析診断操法士

公認スポーツプログラマー(登録番号004C0222435)

DNM認定セラピスト(2020年6月 認定講習全受講)

操体・操体法歴(手技歴) 16年(2020年現在)

営業職・設計関係職・広告関連職を経て現在に至る。

操体と生き方を共にするまで・・・

もともと私はサラリーマン
あるとき腰痛に悩まされました。
長引けば長引くほど周りからも理解されなくなり
精神的にも落ち込み悪循環を繰り返す時期がありました。
精神的にも頼れるものもないと決めつけ
一人で考える事が増えるわけです。
気休めの痛み止めの注射や低周波治療など受けますが
「楽」を感じるのもその時だけ。

そんな時に出会ったのが操体法

変化もないまま治療院通いが続いていたある日
からだを治せるのは自分自身であり
息・食・動・想・環の調和の大切さ
操体法を通して知りました。

からだと対話していくにつれ腰の痛みはなくなりました。
当時を振り返ると不思議の一言しかありません。
心とからだの調和がとれたということです。

原始感覚(感覚)をあじわいながら整えていく・・・
そして、肉体的な部分だけではなく心も整えていく
その妙療法こそが和ぐのベースなっている『操体法
その事を多くの人に伝えたい気持も大きくなり
からだの奥深さにひかれ「直感で操体を学ぶ事を決意!」

これでもか!というくらい7年間、しっかりと学びました。

7年間という期間、基礎から応用を繰り返し勉強しました。
そして操体という大きな器ができました。

2019年
サイエンスベースの神経系アプローチと出会う

DNMという徒手療法で
サイエンス理論をベースとした
カナダ生まれのアプローチ。
神経系をとても大切にした日本には
まだ浸透していないものです。
この理論は操体法の考え方やアプローチ法とも本当に相性がよく、
さらに深めることができる理論でした。
DNMを学ぶことで
私の操体の器はひと回りもふた回りも大きくなりました。

このSPACEは僕も大好きです。

看板も無ければ、広告や宣伝もしていません。
ですが
ご縁で多くの方と出会い
ご紹介もいただき
充実した毎日をいただいています。

あなたとの出会いも良きものとなりますように!