からだの悪化と回復のメカニズム

肩が痛いのに原因が背中や腰にあることも。。

あなたが悩む症状の原因がその痛む部位だけではないことが多くあります。それは、なぜだかわかりますか?からだは骨・筋肉・筋膜でつながっています。sそして筋肉や筋膜の中に神経は張りめぐらされています。それらは皮膚で覆われています。ですから少しずつズレができると・・・引っ張ったり、または詰まったりしてしまい、神経を圧迫し血流が滞ります。

歪みとはそれを表すサインであり 歪み=痛みではありません。
症状の改善のためには関連する神経を変化させる必要があります。

悪くなる順序を知ることで回復の順序も・・・

症状が悪くなる順序

  1. 生活習慣からの神経への負荷
  2. 痛みや違和感、精神的に不安定になる。からだがサインを発する
  3. 機能障害 首が回らない、咳が止まらない
  4. 病名がつく 病院の先生の診断

痛みやだるさは比較的サインとして理解できますが、押して気持ち良い、いた気持ちい、くすぐったいというのも異常感覚で実はだからの重要なサインです。

悪化にも順序があるように回復にも順序があります。

回復に向かう順序

  1. 痛みや歪みのサインに気づき、からだ・心を神経から変化させる
    からだ全体のバランス→生活習慣の改善、癖の修正
  2. 神経が変化することで痛みや不安の解消(ストレス軽減)
    感覚も鋭くなる。
  3. 結果として機能回復 快適な生活 運動能力の向上へ

からだと心を神経系から変化させることがもっとも大切!
不調になる大きな原因はストレスを感じる神経の乱れです。神経レベルからの調整は体液循環も改善され機能回復に向かいます。

長期間続いている肩こり・首こり・腰痛症状の原因として

原因として考えらる他の要因

・生活習慣などからくる神経系(脳)へのストレス
・怒りや不安などからくる心意的ストレス
・これらの理由により神経の血流が滞っているのです。

からだと心は密接な関係でバランスをとっています、つらい期間がながいのであれば心的ストレスが大きな要因となります。